技術情報
要素技術

要素技術

オーダーメードの機械製作は、求められる機能と、要素技術の選択によって決定づけられます。

あらゆる機械は要素技術の組み合わせから誕生します。私たちセキ技研は各技術分野において業界トップクラスの精度とスピードを達成。これにより機械の確実性を高めています。

揃える
揃えるワークを収納用トレーに整列させ、極細ワイヤーを等ピッチに揃えるなど、微細な間隔・長短を正確に管理します。
組む
組む2つ以上の部品を正確に設計図通りに組み立てる技術は、圧入・カシメ・ネジ締め等の高い水準がその基本に。
測る
測る寸法検査・幾何公差検査・画像検査・電気特性検査等、精密機械技術と情報処理技術の融合で、高い精度を実現。
接着する
接着する接着剤による接着・溶着・溶接・ハンダ付け・テーピング等、機械の目的・機能に合わせた方法を幅広く選択可能。
塗る
塗る樹脂塗布・ハンダ塗布・接着剤塗布等、広汎なニーズについて高い精度を確立。精密さとスピードを両立します。
巻く
巻く巻線・フィルム基板の巻取り・極細線の撚り・ヒータの配線等、正確な位置決めと適正なテンションで円滑に対応。
切る
切るミクロンレベル極細線の切断・フィルム基板の精密定幅切断・金属フープワークの切断において独自技術を達成。
形造る
形造る精密メカトロニクスにより、エンボステープ成型・パイプ整形・金属部品の曲げ等、自由自在で正確な形成力を達成。

このページの先頭へ戻る

セキ技研株式会社
本社:〒949-6543 新潟県南魚沼市早川354-32
TEL.025-782-3411(代) FAX.025-782-2002 E-mail:net@sekigiken.co.jp
Copyright(C) Sekigiken Co.,Ltd. All Rights Reserved.